• 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
  • 若き日の日記 5巻  非売品
【高価値】 若き日の日記 5巻  非売品 人文
  • 当日発送
  • 送料無料

【高価値】 若き日の日記 5巻  非売品 人文

お気に入りブランド
販売価格 :

5950税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
【高価値】 若き日の日記 5巻  非売品 人文
販売価格:¥5950 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

若き日の日記 Ⅴ 池田大作発行:昭和48年2月11日非売品主人の親族宅、断捨離中です。⚠️ ゆうパケットポストで発送と 記載しての出品は他の書籍と同梱で 送料高くなる場合があります。 おまとめのリクエストいただきましても ご希望のお値段、冊数等によっては お受けできませんので先にコメントにて ご確認ください。 画像3枚目〜5枚目。天→小口→地です。画像7枚目。折れあるページが数ページあります。画像8枚目。見返し遊びに個人名のスタンプを押していましたのでマジックで塗り潰しています。画像9枚目。透明カバーが2枚あります。1枚目は少し小さく2枚目はヨレ等ありますがそのままの出品、梱包となります。古い書籍のため函にシミ、汚れ、変色、色褪せ等あります。ゆうパケットポストで発送予定です。
カテゴリー:本・雑誌・漫画>>>本>>>人文
商品の状態:傷や汚れあり
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:佐川急便/日本郵便
発送元の地域:未定
発送までの日数:4~7日で発送

商品の説明

新装版】自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」昼熊 [角川
新装版】自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」昼熊 [角川
自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う1 - 九二枝/昼熊 - 青年
自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う1 - 九二枝/昼熊 - 青年
自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う (角川スニーカー文庫)
自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う (角川スニーカー文庫)
Amazon.co.jp: Q&A Diary : My 5 Years : Potter Style, 住木美優: 本
Amazon.co.jp: Q&A Diary : My 5 Years : Potter Style, 住木美優: 本
蕗谷虹児 愛の抒情画集 別冊太陽 1985年 平凡社刊 | トムズボックス
蕗谷虹児 愛の抒情画集 別冊太陽 1985年 平凡社刊 | トムズボックス

最新のクチコミ

★★★★

正味500ページ以上ある分厚い文庫本で、通勤の行き帰りにちょっとずつ読んでいたらよれよれになってしまいましたが、夏目漱石から三島由紀夫まで37名の文人を(たぶん)年齢順に、その人の食生活、食の嗜好、そしてそういうことに至った生い立ちや家族・友人がこうむった影響などを、(嵐山さん本人が後書きで曰く)700冊の文献を当たり、5年かかって疲労困憊して書いたということです。 その精密な検証があるから、非常に意外な文人の素顔が暴露されているのですが、説得力があります。 その時代時代で面白いなと思ったことは多々あるのですが、明治期の文人は、かなり多くの方々が(医学知識がなまじあった故でしょうが)細菌感染を非常に恐れた慎重すぎる食生活をしていたとか、石川啄木や宮沢賢治や中原中也や梶井基次郎など夭折の詩人たちは「清貧」「純朴」のイメージを残して世を去っているわけですが、実は実は(それぞれ違うんだけど)友達にたかりまくり遊郭その他で遊びまくり世間に迷惑をかけまくっていたとか、背徳なイメージのある文人が意外や意外に堅実な家庭人だったとか、とにかく驚くことが多かったです。 本の終盤のほうは、檀一雄、深沢七郎など、嵐山さんが若い頃に編集者として直接深く関わった文人の日々の生活や人となりなどが現実感を持って描かれているので、前半や中盤とはまた違った読み応えがあります。 実は、「文人悪妻」を先に読んでからこちらの「文人悪食」を読みました。書いた順番は逆ですが、個人的には「悪妻」でアタマづくりをしてからこちらの大作に取り掛かるのも悪くはないかなと思います。この後「文人暴食」に進もうと思います。

  • ヴァリアント0669
  • 23歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

とても読みやすく夏目漱石が身近に感じました。

  • KEE KEE
  • 31歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

まだ読んでいませんが、ディープな内容なので、楽しみです。

  • バイクライダー
  • 39歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

函館市文学館に勤務する著者が、函館に縁の深い石川啄木を研究し、函館との関わりを徹底して追究した。 一般の啄木研究家が一顧だにしない事柄を取り上げ、函館の歴史とのかかわりを深く掘り下げていて、視点のユニークさが実にたのしい。 写真も豊富に掲載し、函館好き、啄木ファンにはたのしい1冊。

  • bear0835
  • 27歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品